2018年01月19日

ニヤマ高原スキー場,トゥーロン国際大会,・・など

  ニヤマ高原スキー場:

北海道亀田郡七飯町にあるスキー場です。

10コースあり、小さな子供にも安心して楽しめるそうです。

その一方で最大斜度35度のコースもあります。

晴れた日は、函館山と津軽海峡が望めるそうで、景色も楽しめるスキー場ですね。

函館に近いこともあり、ナイターは函館の夜景を見ながらって素敵ですね。






トゥーロン国際大会:

U-23世代のサッカーの国際大会で、フランスで開催されます。

FIFA公認の大会です。

日本は2000年に初参加したそうです。

2002年には3位になっています。

ちなみに試合は大会のローカルルールで、40分ハーフなんだとか。

それは1日おきの日程のため選手の疲労を考慮してのことなんだそうです。






ダイレクトパス:

トラップとキックを同時に行う1タッチのパスです。

通常はトラップして、キックすることが多いため、相手にとっては反応が難しいパスです。

一方で、ボールが来てからパス先を考えるのでは遅いので、頭の回転の速さも必要とされます。

適当パスがたまたまそれっぽくなることもありますね。




続きを読む
posted by ゆー at 05:06| レジャーの雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

グリーンピア大沼スキー場,ホームレス・ワールドカップ,・・など

  グリーンピア大沼スキー場:

グリーンピア大沼は通年で楽しめるリゾートで、そこにあるスキー場です。

スキーを滑るだけじゃなく、スキー教室やプライベートレッスン、そり遠足などにも使われてるそうです。

年齢に関係なく、初心者から楽しめるスキー場とのことです。

ナイターはないようです。






ホームレス・ワールドカップ:

サッカーの国際大会のひとつですが、その異色度が半端ないですね。

選手はホームレスということですから。

また11人ではなく、4人で戦います。

キーパー1人にフィールド3人というかたちです。

自由に交代できるのも普通のサッカーとは違いますね。

第一回大会は2003年だったようです。






サイドチェンジのパス:

攻撃の際にサイドから攻めるという方法があります。

中央よりサイドのほうが前に進めやすいですからね。

でも、ボールを運ぶサイドにディフェンスが集中しだすと、サイドを変えることで、攻めやすくなることがあります。

そんなタイミングではサイドチェンにのための横の長いパスが使われるのでした。




続きを読む
posted by ゆー at 05:06| レジャーの雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

ルスツリゾート,ネルー・カップ,・・など

  ルスツリゾート:

なんと1年を通じて滞在・利用することができちゃうリゾート地なんだそうです。

スキーだけというのではないんですね。

スキー場のほか、遊園地、ゴルフ場、テニスコート、宿泊施設などのアミューズメント施設があります。

北海道虻田郡留寿都村に位置するリゾートです。






ネルー・カップ:

ナショナルチームが招待されて開催されるサッカーの国際大会のひとつです。

全インドサッカー連盟 (AIFF) が主催大会です。

1997年まで使用されていたトロフィーが、イラク戦争などの事情によりイラクから返還されなかったというエピソードもあるのでした。

トロフィーはその後新調されたそうです。






クロスボール:

昔はセンタリングともいわれました。

シュートを打たせるために味方やスペースに出すラストパスです。

通常はサイドから、中央に向けて出しますが、時には逆サイドまで飛ばすことも。

ゴール前は相手ディフェンダーも戻ってくるので、浮き球でのクロスが多いです。

ヘディングやボレーシュートなどフォワードの見せ所です。




続きを読む
posted by ゆー at 05:09| レジャーの雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

蘭越町チセヌプリスキー場,キングスカップ,・・など

  蘭越町チセヌプリスキー場:

蘭越町のニセコ連峰の中央に位置し、チセヌプリの南側麓にあるスキー場です。

スキー、スノーボードが楽しめるスキー場です。

残念ながら2013年末くらいから営業を休止。

ところが2016年度再開を目指した動きもニュースになったりしたのでした。

スキー場の運営も何かと厳しい状況なのでした。






キングスカップ:

サッカーの国際大会のひとつで、タイ王国で開催されます。

主催は、タイサッカー協会です。

通常は、各国のナショナルチームを招待して開催される大会ですが、クラブチームーを招待した年もあったようです。

1968年からスタートした大会で、けっこう歴史もあるのでした。







ヒールパス:

トリックがかったパスの一つです。

意外と気軽に使えるパスですが、力が入らないヒールパスは、相手にとられる危険もあります。

相手の意表を突くにはいいパスですが、その強さには注意も必要です。

真後ろに出す場合と、軸足の裏を通して横に出す場合がよく使われるでしょう。



続きを読む
posted by ゆー at 05:08| レジャーの雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする