2008年11月25日

子どもと浴衣と行事。浴衣から着物へ。・・・など雑談

子どもと浴衣と行事
子供に浴衣を着せてあげる機会って結構あります。子供にも浴衣があれば、いろいろ楽しめます。例えば宵宮や七夕、お盆の迎え火や送り火、花火、花火大会、盆踊り、お祭りなどなど。できれば、パパママも一緒に浴衣をきて家族みんなで浴衣を楽しむのもいいですね。

浴衣から着物へ
夏は浴衣の季節です。夏の浴衣で、浴衣デビューして、浴衣の着こなしに慣れてきたら、今度は着物へ挑戦してみてもいいかもしれませんね。浴衣に比べると着物の着付けは、難しいですが、浴衣を通じで和服に目覚めたら、これはもう着物に挑戦してみるしかないですね。

浴衣の色移り
浴衣の色はどんな色がいいでしょうか。よく見る浴衣は紺色でしょうか。青っぽい浴衣って、多いよう気がします。暑い夏に着る浴衣ですので、涼しい雰囲気のものがいいですね。また、帯との兼ね合いもありますから、浴衣だけ派手な色も変ですしね。また、白っぽい浴衣は汚れが目立ちそうですね。

浴衣とブランド
浴衣や着物のブランドにはいろいろあります。例えば、撫松庵、組曲、きもの道楽、松田聖子、こむさでもーど、FINAL STAGE、夢工房、創世舎、23区、a・j・n、tsumori chisato、KEITA MARUYAMA、ゴルチェなどなどです。組曲、23区はオンワードですね。オンワード樫山といえば、自由区でも浴衣がありますね。

浴衣の帯
浴衣の帯には、いろいろな結び方がありますね。蝶結びやリボン結びなど、調べると浴衣でもいろいろな帯の結び方があるようです。浴衣の着こなしでは、帯の色や柄、帯の結び方など、帯だけでもいろいろなバリエーションが楽しめます。浴衣の着こなしで、帯の位置づけってけっこう重要です。





posted by ゆー at 06:49| 浴衣(ゆかた)の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。